body 身体

壁を使って体側を伸ばすポーズ

体側を伸ばすと呼吸が深まり、姿勢も良くなります。ご自宅やオフィスにいても思い付いたらすぐ出来て、効果も感じやすいのではないかと思います。ちょっと気になったらやってみてください😊

#1 片腕を上げ手のひらは壁に向けて、壁に沿って立ちます。

#2 壁側の脚、腕、体側などをできるだけ壁に寄せるようにして、指先を伸ばします。壁と反対側の腕は指先を軽く壁に触れるようにして、バランスを取るサポートに使います。

 

#3 正面を柔らかく見るようにし、目の周りの筋肉を緊張させないようにします。軽く目を閉じながら行ってもOKです。上にあげた指先を意識して、脇の下やウエスト辺りの伸びを感じながら、静かな呼吸を続けます。頑張りすぎて肩に力が入らないよう気をつけ、吐く息を丁寧に行うようにします。

 

#4 初めは5呼吸程度で、反対側も同様に行うようにします。慣れてきたら、少しずつ呼吸カウントを増やして、さらに伸びを感じてみましょう。

body 身体

お手軽健康法2 16時間断食

私が実践しているお手軽な健康習慣について、ご紹介します。

「16時間ダイエット」、「プチ断食」などの呼び方もありますが、やっていることは基本的に一緒ですね。聞いたことがある方、すでに実践されている方も多いのではないでしょうか。
1日24時間のうち、食事を取るのは8時間の間だけにして、後の16時間は食べないようにするというものです。睡眠時間を含むので、朝食か夕食を抜くことで簡単に続けることができます。

それまでなんとなく聞いたり、目にしたことはありましたが、2年ほど前にクライアントさんが実践されていると聞いてより身近に感じるようになりました。気が付けば私自身朝は空腹感があまりなく、朝食を食べないでいることが結構あったのである時から意識的に16時間空けるようになりました。基本的に常夏で季節感がない場所に住んでいるうえ、ここしばらくの状況によりイベントごとがあまりないのもあって、どのくらい続けているのかはっきりとした記憶がないのですが💦半年以上にはなっているように思います。

断食のよく言われる効果としては、胃腸を休ませ整える、脂肪燃焼により痩せる、デトックスで肌が綺麗に などがありますが、私が期待したいのは「空腹感により細胞内の老廃物を排除するオートファジーが働き、細胞の新陳代謝を促進、元気な状態が保たれる」というもの✨

2009年米ウィスコンシン大学の研究では「摂取カロリー制限をしたサルの方が老化が抑えられて寿命が伸び、若々しい」という結果が出たそうです。👇どうでしょうか?目力や毛並みに見て取れますね。

(画像出典 https://first-genetic-testing.com/constitution/sirtuin.html)

過去にヨガ修行の一環としておこなった断食や、体調を崩したときに自然とおこなう1日〜1日半程度の断食経験で効果を実感し、またやりたいなーと思っていたのですが、家族の食事の用意もある身としてはなかなか機会が見つけられずにいました。きちんと断食をしようとすると、体に負担が少なく効果的に行うための準備食や回復食など前後の用意も大切なんですよね。

16時間だけであれば特別な準備は要りませんし、私の生活リズムに合っているので、ストレスなく続けられています。私は朝はまず重曹水をいただき、その後はコーヒーやお茶など水分のみを摂っています。(厳格なヨギはコーヒーも控えますが😅) ランチは13時くらいに食べることが多く、夜は19時から20時頃までに食べ始めます。食べる時間を意識するだけで、それ以外は特に気にしていません。

きちんと準備をして行う断食は効果の感じられ方や達成感などが大きいですが、気軽に始めることができ 続けやすい16時間断食もなかなかオススメです。お腹が減ったなーと感じたら、細胞が元気になってくるスイッチ!と喜んでみましょう♪

 

※常用薬のある方、妊娠中や体調などによって向いていない場合もありますので、禁忌などについては医師に相談したり、ご自身で十分確認されてからをお勧めします※

body 身体

お手軽健康法1 重曹水とハーブウォーター

私が実践している、お手軽な健康習慣をご紹介します。

重曹水
いわゆるベーキングソーダです。ベーキングパウダーはベーキングに使いやすいように重曹に酸性剤やコーンスターチなどが加えられているものなので、重曹水にはベーキングソーダを使ってくださいね。私は、小さじ半分程度をコップ1杯の水に溶かして毎朝起きると直ぐに飲んでいます。スプーンで混ぜると水に簡単に溶けるので、かなり適当な目分量です。慣れないとちょっと不思議な味(うっすら苦しょっぱい?)に感じるかもしれませんが、私は重曹水の後に飲むただの水が、ほんのり甘く感じられるのも好きだったりします。
他にも、ちょっと胃がもたれる時に飲んだり、うがいや鼻うがいの為の塩水に足したり、野菜を洗う時に使ったりなど、さまざまな用途に使えます。(余談になりますが、鼻うがいはジャラネティと呼ばれ、ヨガ行法の一つでもあります。興味があるけどやり方が分からない、ちょっと躊躇う、という方はお声がけください。一緒にやってみましょう♪意外と簡単で爽快ですよ😊)

重曹は弱アルカリ性で抗菌性があり、感染症対策に効果があると考えられ、抗炎症作用があるとする研究もあります。重曹が胃の中で胃酸と反応し二酸化炭素に変わることで胃腸の働きを促進、便秘解消の効果などもあるとされています。体内の二酸化炭素が増えると血管が拡張され血流が増加、身体の隅々まで酸素が供給されます。重曹水で検索してみると多くの方が実践していたり、効能についての記事があるので、興味がある方は調べてみてくださいね。

毎朝重曹水を飲んでいる私ですが、先日お正月気分の時に思いついてカクテル的なものを作ってみました。焼酎を、ベーキングソーダ・リンゴ酢・水で作った炭酸水で割ったものです。健康的すぎたのかアルコール効果が感じられなかった(全く酔いませんでした😅)のは予想外でしたが、適当な量で作ってもしっかり炭酸水になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スパイス/ハーブウォーター
お料理用にとキッチンに様々なスパイスやハーブを揃えている方も多いかと思うのですが、なかなか使い終わらないという話も時々耳にします。せっかくのコレクション、日々飲むお水やお茶にちょい足しでどんどん使ってみてください。
1リットル程度の飲用水に、小さじ1杯程度のスパイスやハーブを入れて一晩置いて水出し、あとは好きな時に飲むだけです。舌触りが気になる方はお茶パックを使いましょう。私はそのまま入れて、飲む際にはよく振って一緒に飲んでしまいます。冷蔵庫で保存しても、数日で飲み切るなら常温でもOK。私がよく使うものはこちら。

・ターメリック
ウコンとも言いますね。抗酸化、抗炎症作用、消化や肝機能促進効果があるとされ、漢方薬やアーユルヴェーダでもお馴染みです。スパイスですが辛味やクセがなく、飲用もしやすいです。お酒を飲む際のチェイサーにもオススメ!
・コリアンダー
パクチー、香菜などとも呼ばれるこちら。健胃、解毒作用などがあり、肌を綺麗にすると言われています。水とコリアンダーだけだとちょっと苦手な方がいるかもしれません。麦茶や緑茶と一緒に水出しすると飲みやすいと思います。
・ローリエ(ベイリーフ)
粉末ではなく、ドライリーフでお持ちの方は、水1リットルに葉を2、3枚くらいを入れておけば良いかと思います。抗菌、抗ウィルス、抗炎症作用などがあるとされています。すっきりとした香りで、これも飲みやすいハーブウォーターになります。

他にも、水出しで飲みやすいスパイスやハーブは割とあるので、いろいろと試してみてはいかがですか?お気に入りが見つかったら教えてくださいね〜

 

※常用薬のある方、妊娠中や体質などによって敏感な方もいらっしゃるので、摂取量や禁忌などについてはご自身で確認されることを推奨します※