blog

body 身体

骨折その後…

左足の第二趾を骨折して、まる1ヶ月が経ちました。骨はおおかたくっついてくれたようで、体重がかかった時などに時々鈍い痛みのような違和感はあるものの、ほぼ普段通り動いています🙌 まだ腫れや内出血の肌の暗みは引いていませんが、これは戻るまではしばらくかかると最初の診察時に聞いていたので、まあそんなものかなと。

私は日系の医療保険を持っていないので、1回目の診察ではSHP(SingHealth Polyclinic)と呼ばれる、当地シンガポールのポリクリニックに行きました。怪我をした次の日の朝、赤紫に腫れている患部を見て、「骨折してるようなんですがどこに行けば?」との問い合わせをSGH(Singapore General Hospital)にして紹介されたところで、これが初来院です。位置的にはSGHの隣で、割と新しい印象を受けました。

そこではレントゲンを撮って、状況の説明をうけ、患部にはガーゼを軽く巻くだけ、という、日本の感覚では随分とあっさりとした処置を受けました。取り乱しているつもりはなかったのですが、全治2ヶ月と聞いて、それなりにショックを受けていたのか、そのガーゼ処置のまま特に疑問に思わずに帰って来てしまいました。(その日の夜、ふと「あれ?コレで合ってる??」と不安に…)

当初はかなり痛みが続いていて、日常生活を送っている中で同じところをまたぶつけてしまうのが怖かったのですが、その週末にドラッグストア gardiansで突き指用のメタルカバーを見つけ購入。

実際使っていたものなので、使用感あって失礼いたします💦小さくしておきますね😅

これで患部を覆い、その上に包帯を巻くという自己流ケアをして、次の診察まで待つこと2週間。カバーがあると、ちょっとどこかに触れてしまっても、痛くなーい🤩!これはありがたかったです。

最初の診察後、SHPのアドミン窓口で(一方的に😅)日時を指定され、その日に SGHのMusculoskeletal Center(←直訳で筋骨格センター。整形外科と言った感じでしょうか🤔)へ行き、専門医の診察を受けるという流れでした。改めてレントゲン写真を見てもらって、「これはすごく単純な骨折だから、特にやることはありません。そのカバーもいらないよ〜 笑。日を待って、様子を見ながら動いてね。」(意訳)と言った感じの診断でした。大ごとでなくて何よりですが、お支払いはそれぞれ SGD150 近く(+レントゲンfee)で、日本と比べるとホントお高いですよね。。

以前にも書いたように、レッスンは通常通りやらせていただいて、それに加え、空き時間に行っているヨガの自主練習が自然とリハビリテーションになっているんじゃないかと思います。始めのうちは痛みが強かったので、自重の配分の仕方や足裏や爪先の使い方をより意識して行うようになり、また、それでもそれなりに動けていろんなポーズができるもので、良い勉強となりました。

今は上記のメタルカバーも外して、室内では素足生活です♪今回学んだことも活かしつつ、これからも心を込めてヨガをお伝えして参ります〜😊

information 告知

今月のオンラインレッスン

10月に行うオンラインレッスンのご案内です😊

より自分の身体を理解していく♪じっくりヨガ 75min
3日(土)9:30am(日本時間10:30am)
7日(水)10am(日本時間11am)
24日(土)9:30am(日本時間10:30am)

サクサク動いて汗をかく♪しっかりヨガ 60min
10日(土)9:30am(日本時間10:30am)
14日(水)10am(日本時間11am)
28日(水)10am(日本時間11am)

リラックス&リフレッシュ♪ゆるヨガ 60min
17日(土)9:30am(日本時間10:30am)
21日(水)10am(日本時間11am)
31日(土)9:30am(日本時間10:30am)

レッスン開始2時間前までオンラインでの予約を受け付けております。質問などがありましたらこちらからお気軽にどうぞ❤️

body 身体

コブラのポーズ

サンスクリットではBhujangasanaと呼ぶポーズで、ブジャンガは蛇という意味とのこと。正しく行うと全身に効くポーズで、背骨や腹部を伸ばし腰痛の緩和や便秘に効果的とされているほか、ヒップアップや、腕、脚の筋肉強化が期待できます。
ポーズを行う際の主なポイントは、・下半身の意識 ・胸を開き、肩が上がらないようにすること ・背骨と腹部の伸びや広がりを感じること の3点です。

#1 うつ伏せになって額を床につけ、内腿、膝、足首を意識して脚を揃えます。

#2 両手を肩の真下に置き(*1)、脇を閉め肘を体側に沿わせます。肛門、臀部、腿を引き締め、爪先を後ろに伸ばします。

#3 下腹部で床を感じ、 両脚の筋肉が使われていることを意識しながら、手のひら全体で床を押します。

#4 腕の力は補助として使い、腹筋と背筋で背骨を前後から挟み持ち上げるようにして上半身を床から離していきます。上半身がある程度上がったら、そのまま両手を床から少し浮かせて腹筋と背筋を使って胸を高く持っていくよう意識します。

#5 手を床に戻し、胸と肩を左右に開き、肘は後ろに引くようにして、デコルテを広く高く引き上げます。上半身の伸びについて行くようにして腕を伸ばします。腕の力に頼りすぎたり、腕を伸ばすことを先にしようとすると肩が上がやすくなるので気をつけましょう。

#6 下半身は引き締めて後ろに伸ばし(*2)、上半身は背骨の伸び、腹部エリアの伸びを感じます。再度、脇を閉め鎖骨を左右に開くようにしてから、顎先を上に向け、胸元をさらに開き、背骨をより伸ばすよう意識します。目線は背骨を誘導するように高く遠くに置くか、軽く目を閉じて体の感覚に集中します。息の吐き終わりにカウントするようにして、10−20呼吸程度この状態を続けます。

#7 カウント最後の息を吐き終わったら、息を吸いながら、肘を曲げゆっくりと上半身を床に戻していきます。

どのポーズにも当てはまりますが、頑張りすぎないように、力を適度に使って気持ちよく行うようにしてみてください。口もとや目もとに力が入っていることに気がついたら、息を吐く際に、顔の筋肉を緩めるように意識してみましょう。

*1 手の置き場所は、ウエストの横、胸の横、肩の下などのバリエーションがあり、伸びる場所の感覚、負荷のかかり方などが変わります。

*2 慣れないと、ポーズ中に脚を揃え続けるのが難しく感じる場合があります。その場合、気がついた時にお尻や腿を引き締めるようにすればOKです。